クラック補修の新しい工法

クラック補修を行う時は、細かいクラックなら微弾性フィラーなどで埋まります。

太目のクラックはサンダーでカットしてコーキングで埋めて、下塗り塗装後、周りの模様に合わせて吹き戻すのが一般的です。

今回は画期的クラック補修 YGテープを使ってみました。

クラック部分に専用プライマーを塗装YGテープを貼り付けて、微弾性フィラー塗装後、仕上げ塗料2回塗りで作業終了❗️

YGテープはヒートガンで高熱を当てながら粗面マスキング用ローラーで押し当てて貼り付けます。

テープ貼り付け後

微弾性フィラー塗装後

上塗り塗装後

上塗り後は、施工した人も何処だかわからない位の仕上がりになりました❗️

勿論、クラックの太さによって使えない場合もありますが、サンダーでカットしてコーキングで埋めて模様を吹き戻すと手間とコストが掛かります。YGテープなら割と手軽にクラック補修ができました。


一覧ページに戻る