当社のこだわり

毎日を過ごす大切な住まいのメンテナンスは、長期的な視点で考えていく必要があります。
外壁や屋根の塗り替えサイクルは一般的に10年~15年ほど。
次の塗り替え時期までしっかりと家を守るためには、確かな技術とていねいな施工が必要です。

斉藤塗装店は横浜で50年続いている塗装店。
先代から受け継いだ技術と知識と15年以上の経験をもとに、住まいのための長持ちする塗装を下地処理からていねいに行っています。
住宅の塗装についてお悩みの方はぜひ一度お気軽にご相談ください。当社の豊富な経験をもとに、最適なプランをご提案します。

ていねいな施工のためには、事前のヒアリング・お打ち合わせが欠かせません。
皆様に安心して工事をお任せいただけるよう、当店では事前のご相談・御見積りを無料で行わせていただいております。

専門的な工事になるような場合でも、皆様にご納得いただいた上で工事を進められるよう、施工内容を詳しくご説明します。
もし分からないことや気になる点があれば、遠慮なくお気軽にお尋ねください。

当社の2代目代表は、先代から受け継いだ技術と知識、15年以上の経験を持つ塗装工事のプロフェッショナルです。
お打ち合わせから施工後のアフターフォローまで、代表自らが関わることで高品質の工事をご提供しています。

お客様とお約束したことが間違いなく反映されるよう、現場でも厳重に確認しながら工事を行います。
塗装に関することなら何でもご相談ください。

塗装を長持ちさせるためには、ていねいな下地処理が必要不可欠だと当社では考えています。
下地処理をしっかりと行わなければ、どれだけ良い塗料を使ったとしても、耐久性が落ちてしまうものです。

高圧洗浄で元々塗ってあった塗料をしっかりと剥がす、鉄部は電動サンダーを使い古い塗膜や錆を落とす。
ひとつひとつの下地処理をていねいに行うことで、より長持ちする塗装を心がけています。

外壁塗装でよくトラブルの原因となるのが、イメージと実際の仕上がりの違いです。外壁塗装は光の当たり具合や面積効果を考慮したうえで色を選ぶ必要があります晴れや曇りといった天候によって見え方が変わりますし、塗装する面積の大きさによっても印象がずいぶんと違って見えるものです。
当社では実際の住まいの画像を使うカラーシュミレーションを使用。事前にしっかりとイメージを確認していただけます。

当社では工事が終わりお引き渡しが完了したあとも、定期点検やメンテナンスなどのアフターフォローが充実しています。

屋根や外壁の経年劣化はどうしても避けられないもの。
住まいを長く健康に保つために、より安心して暮らせるように、施工後もしっかりとサポートさせていただきます。

万が一のトラブルにも迅速に駆けつけ、誠心誠意対応いたしますので、安心してお任せください。

塗り替えが必要かどうか分からないとお悩みの方は、以下に当てはまる項目があるかチェックしてみてください。
もしこんな症状が出ているとしたら、それは塗り替えのサイン。すぐ当店までお気軽にご相談ください。

①外壁にひび割れが起こっている
外壁の劣化症状のなかで一番分かりやすいのがひび割れです。
少しの隙間からでも雨水は浸入してくるため、実はとても危険な状態。ヘアクラック、構造クラック、縁切れクラック、乾燥クラックなど、ひび割れの状態によって適切な処置を選ぶ必要があります。

②外観が汚れて見える
屋根や階段、手すりや雨戸など、雨風によって建物には様々な汚れが発生します。気をつけたいのがカビやコケ、錆による汚れ。特に鉄部は錆により穴が空くこともあるため、早めの対応が必要です。

③塗装が剥がれたりめくれている場所がある
表面の塗膜が劣化すると、下地との機密性が失われ、塗膜が剥がれたりめくれたりするという症状が表れます。当然壁そのものがむだしになっている状態ですので、保護力は大きく低下しています。放置すると建物自体の劣化につながります。

④外壁をさわると白っぽい粉が手につく
これはチョーキングと呼ばれる症状で、壁の劣化をあらわすサインです。防水機能が低下しているため、雨水が建物内部に浸入しやすい状態になっています。

⑤室内の壁にシミやカビが発生している
室内のクロスにシミやカビが発生していたら、雨漏りが起こっている可能性があります。雨漏りは構造部分を腐らせてしまうこともあり、最悪の場合は大規模な修繕が必要になることも。カビによる人体への影響も考えられますので、早急な対応が必要です。

Q.どのような流れで見積りをしてもらえるのですか?
A.まずはご相談内容をもとに、塗装が必要な箇所の状態を確認します。劣化度合いや下地の状況、建物の広さや特徴をふまえて必要な施工、材料などを選び、そこから金額を算出。
項目・金額・納期・支払い条件などを詳しく明記したお見積書を作成しご確認いただきます。ご相談・お見積りは無料ですのでお気軽にお問い合わせください。

Q.塗り替えのタイミングを教えてください。
A.一般的には10年に1度のサイクルで塗り替えるのが良いとされていますが、塗料や建物の環境によってはその限りではありません。
以下のような症状があれば塗り替えのサインですので、一度チェックしてみてください。

□外壁をさわると白っぽい粉が手につく
□壁にひびが入っていたり、目地材が切れたりしている
□壁に水をかけても弾かずに、水が染みこんでいく
□日当たりの悪い箇所にカビやコケが繁殖している
□屋根が黒ずんだり、赤くなっている
□塗膜が浮いていたり、はがれている

Q.塗装するとニオイが気になりませんか?
塗料のニオイは数日から一週間程度で消えますが、施工の際にはどうしても独特のシンナー臭が発生してしまいます。気になる場合は換気扇の使用を控えたり、マスクの着用をおすすめしています。
室内塗装など、場合によってはニオイの少ない水性塗料を使うことも可能です。水性塗料が使えないケースもありますが、ニオイに関して多少気になるという方はお気軽にお問い合わせください。

Q.門扉の鉄の部分が錆びていても塗装できますか?
A.錆がある場合には錆を落としてから作業を行いますのでご安心ください。強度が失われ倒壊などにつながる危険性のある錆については、ペーパーなどで錆を除去し、変性エポキシ錆止め塗料を塗装するのが一般的です。

Q.費用はどのくらいかかりますか?
建物の状況や使用する塗料、工法などによって費用が大きく変わってくるため、一概にいくら程度とお伝えすることができません。しかし当社では下請け業者を雇わず自社で施工を行うことで、余分な費用を省いた適正価格で工事を行っております。
お見積りは無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。