塗り替えのタイミング

塗り替えが必要かどうか分からないとお悩みの方は、以下に当てはまる項目があるかチェックしてみてください。
もしこんな症状が出ているとしたら、それは塗り替えのサイン。すぐ当店までお気軽にご相談ください。

①外壁にひび割れが起こっている
外壁の劣化症状のなかで一番分かりやすいのがひび割れです。
少しの隙間からでも雨水は浸入してくるため、実はとても危険な状態。ヘアクラック、構造クラック、縁切れクラック、乾燥クラックなど、ひび割れの状態によって適切な処置を選ぶ必要があります。

②外観が汚れて見える
屋根や階段、手すりや雨戸など、雨風によって建物には様々な汚れが発生します。気をつけたいのがカビやコケ、錆による汚れ。特に鉄部は錆により穴が空くこともあるため、早めの対応が必要です。

③塗装が剥がれたりめくれている場所がある
表面の塗膜が劣化すると、下地との機密性が失われ、塗膜が剥がれたりめくれたりするという症状が表れます。当然壁そのものがむだしになっている状態ですので、保護力は大きく低下しています。放置すると建物自体の劣化につながります。

④外壁をさわると白っぽい粉が手につく
これはチョーキングと呼ばれる症状で、壁の劣化をあらわすサインです。防水機能が低下しているため、雨水が建物内部に浸入しやすい状態になっています。

⑤室内の壁にシミやカビが発生している
室内のクロスにシミやカビが発生していたら、雨漏りが起こっている可能性があります。雨漏りは構造部分を腐らせてしまうこともあり、最悪の場合は大規模な修繕が必要になることも。カビによる人体への影響も考えられますので、早急な対応が必要です。